お問い合わせ

Contact

MENU

facebook

youtube

twitter

NEWS

ニュース

カテゴリー

フリーワード

NEWS

ベトナム

2024-03-29

(ベトナム)ベトナム航空、2024年 夏季運航スケジュールを発表

ベトナム航空(VN)は、2024年3月31日~2024年10月26日までの夏季運航スケジュールを発表しました。ハノイ=大阪線は、VN334/335便名に変更をして運航いたします。機内では、新作映画、音楽、TVなど、豊富なエンターテイメント・プログラムでフライト時間をより一層お楽しみいただけます。また最新鋭大型機材(B787・A350)では全席に備え付けのパーソナルモニターで、中型機(エアバスA321)にはベトナムの航空会社では初となるパーソナル・ワイヤレス・エンターテインメント・システムを導入し、イヤホンと電子機器さえあれば、"空の上のエンターテイメント"を楽しむことが可能となりました。 ■夏季運航スケジュール<2024年3月31日~2024年10月26日> ・VN310/311(ハノイ=東京成田)   :毎日運 航 ・VN318/319(ダナン=東京成田)   :毎日運航 ・VN300/301(ホーチミン=東京成田) :毎日運航 ・VN384/385(ハノイ=東京羽田) :毎日運航 ・VN346/347(ハノイ=名古屋) :毎日運航 ・VN340/341(ホーチミン=名古屋) :月・水・木・土・日運航(5便/週) ・VN334/335(ハノイ=大阪) :毎日運航 ・VN320/321(ホーチミン=大阪) :毎日運航 ・VN356/357(ハノイ=福岡) :火・木・金・土 曜日運航(4便/週) ・VN350/351(ホーチミン=福岡) :水・日 運航(2便/週) *運航スケジュール・機材は、予告なしに変更される場合がございます。 詳細につきましては、下記ベトナム航空からのお知らせ(PDF)をご覧ください。 https://www.vietnamairlines.com/~/media/Files/VNANew/VNJP%20files/20240311-JP-S24%20schedule-11MAR%20v2.pdf 提供:ベトナム航空 日本支社

ベトナム

2024-03-29

(ベトナム)ベトナム航空、燃油サーチャージ改定のお知らせ(4月~)

ベトナム航空(VN)は、2024年4月1日以降、日本~ベトナム間のフライトの燃油サーチャージを改定いたします。詳細は下記の通りです。 1. 対象航空券: 適用する全クラス、全運賃種別に対して (IT券を含む) 2. 実施日: 2024年4月1日 -2024年5月31日の発券分まで 3. 徴収方法: 航空券発券時、TAX欄にYQと表示 (利用客1名につき1利用区間毎) 4. 対 象 旅 客: 全利用旅客 (但し、座席を使用しない幼児は適用外) 5. 対 象 路 線: 日本 - ベトナム間発着路 6. 徴収金額: 片道YQ合計  JPY 11,470 現(2024年3月31日まで) 燃油サーチャージ13,500円+航空保険料 470円=YQ合計 13,970円 新(2024年4月1日以降) 燃油サーチャージ 11,000円+航空保険料 470円=YQ合計 11,470円

ベトナム

2024-03-29

(ベトナム)ホーチミン/よく聞かれる質問~Q&A~

ホーチミンの下記案件の質問を多く頂いております。延期の繰り返しで一体いつ開始になるの?いつから工事?といったご質問に現状報告ではございますが、お答えします。 ◯ホーチミン市地下鉄(メトロ1号線) 2024年9月運行開始予定。元々は2024年7月でしたが更に延期されました。 工事が始まったのは2012年。 ◯ロンタイン国際空港 ホーチミン市内中心から東へ約40km。今後、ベトナムを代表する国際玄関口となる空港。 2026年開業予定(2025年開港からの延期) ◯ベンタン市場前ロータリー 2024年10月から本格的に工事始まる予定で、終了は2025年4月予定。 ◯サイゴン大教会 2027年完了予定。 工事が始まったのは2017年。 以上、ご参考ください。

タイ

2024-03-29

(タイ)「デュシタニ バンコク」リニューアルオープン!(2024年秋予定)

タイを代表するラグジュアリーホテル「デュシタニ バンコク」(Dusit Thani Bangkok)がついにリニューアルオープンとの発表がありました。2019年より建て替えを行い、約5年の歳月を経て、2024年秋に新しく生まれ変わります。 詳細はタイ政府観光庁のサイトをご覧ください。 ★タイ政府観光庁:https://www.thailandtravel.or.jp/dusit-thani-bangkok/

ベトナム

2024-03-29

(ベトナム)ダナン/カジノ情報

ベトナムのカジノは基本、ディーラー無しのオンラインゲームという形を取っており、カジノ好きには物足りない感もあるかもしれませんが、ダナンにはディラー対応のカジノが2箇所ございますので、ご紹介します。(2024年3月29日現在) ディーラー対応:有り ◆CROWNE PLAZA DANANG ◆HOIANA CASINO 上記以外にもダナンにはいくつかカジノがありますが、下記はディラー対応は無しとなります。 ディーラー対応:無し ◯FURAMA ◯Muong Thanh Luxury Song Han Hotel ◯Grand Mercure Danang ◯4point by SHERATON ベトナムのカジノは21歳以上、パスポートが必須となりますので、カジノに行かれる際はパスポートをお忘れなく。 ※写真:CROWNE PLAZA DANANG

香港

2024-03-14

(香港)2024年4月22日から第1段階へ!使い捨てプラスチック製品に関する新規定が施行に。

香港政府観光局より使い捨てプラスチック製品に関する新規定のお知らせです。 <2024年4月22日から第1段階へ!使い捨てプラスチック製品に関する新規定が施行に> 日付: 12 Mar 2024 詳細: プラスチック製品の使用量をさらに減らすため、香港では今年4月22日のアースデイ(地球の日)から新たな規定を施行します。 ホテルアメニティや飲食店のテイクアウトなどに変更が生じる恐れがありますので、お客様へのご案内にはくれぐれもご注意ください。 今回施行される「2023プロダクト・エコリスポンシビリティー(修訂)条例草案 (Product Eco-responsibility (Amendment) Bill 2023 / 2023年產品環保責任(修訂)條例草案)」は2023年10月18日に香港の立法会を通過し、 2024年1月3日には第1段階(Phase 1)開始日を2024年4月22日に確定しました。 第2段階への移行日はまだ確定していませんが、暫定的に2025年までに行うとしています。 詳細は下記、香港政府観光局のサイトにてご確認ください。 https://partnernet.hktb.com/japan/jp/industry_news/local_updates/index.html?id=8120

ベトナム

2024-03-14

(ベトナム)ハノイ/「ソフィテル・レジェンド・メトロポール・ハノイ」、ヘリテージ・ウィングがリニューアルオープン

ハノイ市の中心部に位置する創業1901年の歴史ある5ッ星ホテル「ソフィテル・レジェンド・メトロポール・ハノイ」(全358室)は、約2年にわたるヘリテージ・ウィングのリノベーションを終え、2024年3月8日にリニューアルオープンしました。ヘリテージ・ウィングの客室数は109部屋から106部屋になり、全室ウォシュレットトイレが設置されました。またコネクティングフロアーをスイートルームにアップグレード、スタンダードルーム(全54室)のバスタブを撤去し、シャワーブースにするといった改修がなされています。シャワーブースには腰掛が付いていますので、ご年配の方でも使いやすいかと思われます。ハノイへお越しの際には、築123年を誇る「ソフィテル・レジェンド・メトロポール・ハノイ」のエレガントを味わってみてはいかがでしょうか。 ★Sofitel Legend Metropole Hanoi:https://www.sofitel-legend-metropole-hanoi.com/

ミャンマー

2024-03-01

(ミャンマー)ミャンマー入国の条件について

在ミャンマー日本国大使館より、ミャンマー入国の条件についてのお知らせです。詳細は下記をご覧ください。 3月1日付の保健省通達により、3月1日午前0時1分(ミャンマー時間)からミャンマー入国の条件が一部変更されましたので、お知らせいたします。主な変更点は以下のとおりです。 これまで日本等出国時及びミャンマー到着時に求められていたCOVID-19医療保険の加入書類の提示が不要となりました。 詳しくは、当館HPをご確認ください。 https://www.mm.emb-japan.go.jp/files/100334731.pdf ■在ミャンマー日本国大使館領事班

インドネシア

2024-02-21

(インドネシア)在デンパサール日本国総領事館からのお知らせ(バリ州の外国人旅行者に対する観光税関連情報)

バリ州政府は、バリ州の文化及び自然の保護を目的として、2024年2月14日から、バリ島を訪問する外国人観光客に対し、「外国人観光客徴収金」(以後 「観光税」と記載)を課し、一人あたり15万ルピアの徴収を開始しました。 観光税について、現在当館が州政府より入手している情報を掲載します。具体的徴収方法等については州政府が引き続き調整中であり、今後規則や運用が変更となる可能性がありますのでご注意ください。更に情報が明らかになり次第、随時このページの記事を更新して情報提供する予定です。また、観光税の運用開始に伴って、詐欺サイトや高額代行業者の出現が懸念されます。 申込みサイトの真偽や支払い金額には十分注意するようにして下さい。本情報は全て掲載時点の情報です。随時変更される可能性があります。(2024年2月14日現在) 1. 観光税のポイント (1)徴収対象    バリ島を旅行するすべての外国人観光客(当館注:乳幼児であっても支払いが必要との情報あり) (2)徴収金額    1 人あたり Rp150,000(インドネシア出国前までに、1 回支払う必要がある。) (3)支払い方法    ア バリ島への出発前にオンライン決済することが強く推奨されていますが、以下の支払い方法が可能 バリ島に到着する前に、「Love Bali(ラブ・バリ)」システムにアクセスして支払う。( https://lovebali.baliprov.go.id ) バリ島を旅行中に「エンドポイント」(ホテル、旅行代理店、観光地)で「Love Bali(ラブ・バリ)」システムを使用する。 支払いは、クレジットカード(Visa、Master Card、American Express、JCB)、銀行振込、バーチャルアカウント、QRIS が利用可能。(当館注:支払い手段によっては別途手数料が発生する可能性あり。) ングラライ空港国際線到着ロビーの出口付近のカウンター(ルピア現金も可能)で支払う。NEW    イ 支払い後、QR コード付きの「レヴィ・バウチャー(Levy voucher)」という支払証明が「Love Bali(ラブ・バリ)」システムから E メールで送信される。    ウ 徴収開始日 2024 年 2 月 14 日から実施。 2. 観光税の免除 次の者は観光税の支払いを免除される: 外交・公用ビザの保有者 輸送機関の乗務員 KITAS または KITAP(※) の保有者(※当館注:VITASが含まれるのかあるいは7番目の「その他のビザ(商用ビザなど)の保有者」に該当するのか不明) 家族滞在ビザ(※)の保有者(※当館注:VITAS untuk Penyatuan Keluarga) 学生ビザの保有者 ゴールデン・ビザの保有者 その他のビザ(商用ビザなど)の保有者 3. 免除を受ける方法 (1)免除対象者は、免除を受けるためにバリ島に到着する 5 日前までに、「Love Bali(ラブ・バリ)」システムを通じて申請書を提出する必要がある。 (2)提出日が到着の 5 日前未満の場合、徴収の対象となる。 (3)前項2.「ゴールデン・ビザの保有者」「その他のビザ(商用ビザなど)」の保有者は、「Love Bali(ラブ・バリ)」システムに必要事項を記入の上、申請書を提出すること(当館注:前項2. の1番目から5番目 までの該当者は「Love Bali(ラブ・バリ)システム」での免除申請が不要との情報があるが、詳細は不明) 4. 料金を支払わない外国人観光客への制裁措置 徴収金を支払わない外国人観光客には、以下のような行政処分が下される。 (1)口頭で注意され、「Love Bali(ラブ・バリ)」システムに記録される。 (2)外国人観光客国籍国の在外公館への処分書の通知。 (3)観光地でサービスを受けられない。 (4)出入国管理局に対して出入国管理に関する措置が申請される。(当館注:上記の行政処分の結果、実際にどうなるのかは不明) 在デンパサール日本国総領事館 https://www.denpasar.id.emb-japan.go.jp/itpr_ja/11_000001_00869.html

カンボジア

2024-02-21

(カンボジア)大使館からのお知らせ(カンボジア到着時の入国、税関、検疫手続きのオンライン化:プノンペン国際空港での試験運用開始)

(カンボジア)大使館からのお知らせ(カンボジア到着時の入国、税関、検疫手続きのオンライン化:プノンペン国際空港での試験運用開始)  カンボジア到着時の入管、税関及び検疫に係る手続きのオンライン化(「Cambodia e-Arrival Card」)については、昨年12月15日付け領事メールでお知らせのとおり、本年1月1日からアンコール・シェムリアップ国際空港(SAI)で試験運用が開始されていますが、今般、カンボジア内務省及び入管当局から、本年2月19日(月)より、プノンペン国際空港(PNH)においても本制度の試験運用が開始される旨通知がありました。  現在は紙媒体のフォームにより行われているこれらの手続きが、専用サイト(www.arrival.gov.kh)又はアプリ(Cambodia e-Arrival(CeA))を通じて行うことが可能となる見込みです。  カンボジア内務省及び入管当局によれば、本年6月30日までの試験運用期間中は、オンライン手続きに加えて既存の紙媒体フォームによる手続きも可能ですが、7月1日の本格運用開始以降はオンライン手続きに一本化される予定とのことです。  本制度に関しての運用時期や運用場所を含め詳細については、今後変更等が生じる可能性もあり得ますが、新たな情報がありましたら改めてお知らせいたします。 ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆ 在カンボジア日本国大使館 領事班 TEL: 023-217-161 https://www.kh.emb-japan.go.jp  consular.jpn@pp.mofa.go.jp

インドネシア

2024-01-30

(インドネシア)バリ島/「メリア・バリ」、リノベーションのお知らせ

ヌサドゥアのリゾートエリアにあり、日本人ゲストにも人気のホテル「メリア・バリ」は、2024年10月5日~2025年7月4日(予定)まで、全面改装を行うため、長期クローズすることになりました。再オープンは2025年7月5日の予定です。客室の全面改装、新しいボールルームやレストラン、スパなどのファシリティ全体のリノベーションとなります。改装後は、メリアグループのトップブランド「パラディススbyメリア(Paradisus by Melia)」にリブランドする計画を発表しています。 ★Melia Bali:https://www.melia.com/ja/hotels/indonesia/bali/melia-bali(日本語)

ベトナム

2024-01-24

(ベトナム)ベトナム航空、燃油サーチャージ改定のお知らせ(2月~)

ベトナム航空(VN)は、2024年2月1日以降、日本~ベトナム間のフライトの燃油サーチャージを改定いたします。詳細は下記の通りです。 1. 対象航空券: 適用する全クラス、全運賃種別に対して (IT券を含む) 2. 実施日: 2024年2月1日 -2024年3月31日の発券分まで 3. 徴収方法: 航空券発券時、TAX欄にYQと表示 (利用客1名につき1利用区間毎) 4. 対 象 旅 客: 全利用旅客 (但し、座席を使用しない幼児は適用外) 5. 対 象 路 線: 日本 - ベトナム間発着路 6. 徴収金額: 片道YQ合計  JPY 13,970 現(2024年1月31日まで) 燃油サーチャージ 14,500円+航空保険料 470円=YQ合計 14,970円 新(2024年2月1日以降) 燃油サーチャージ 13,500円+航空保険料 470円=YQ合計 13,970円

タイ

2024-01-12

(タイ)バンコク / 2024年「王宮、エメラルド寺院・本堂」観光カレンダー(2月~12月)

バンコクの観光名所「王宮」及び「エメラルド寺院」の2024年2月~12月におけるクローズ情報をお知らせいたします。 タイの祝日、また王室や国家行事が行われる日には、王宮及びエメラルドブッダが祀られているエメラルド寺院本堂は、クローズとなりますのでご注意ください。なお、エメラルド寺院本堂が閉館する日であっても本堂以外の見学は可能です。 詳細は下記をご覧ください。 ■ 「王宮・エメラルド寺院・本堂」観光カレンダー(2024年) ◎ 2月24日:万仏節 ・ エメラルド寺院 --- 午後クローズ ・ エメラルド寺院(本堂) --- 終日クローズ ・ 王宮 --- 午後クローズ ◎ 3月25日: 王室行事 ・ エメラルド寺院 --- 午後クローズ ・ エメラルド寺院(本堂) --- 終日クローズ ・ 王宮 --- 午後クローズ ◎ 4月06日: チャクリ王朝記念日 ・ エメラルド寺院 --- 午後クローズ ・ エメラルド寺院(本堂) --- 終日クローズ ・ 王宮 --- 午後クローズ ◎ 4月15日: ソンクラン祭 ・ エメラルド寺院 --- 午後クローズ ・ エメラルド寺院(本堂) --- 終日クローズ ・ 王宮 --- 終日クローズ ◎ 5月2日、3日: 国王戴冠記念日 ・ エメラルド寺院 --- 午後クローズ ・ エメラルド寺院(本堂) --- 午後クローズ ・ 王宮 --- 午後クローズ ◎ 5月4日:国王戴冠記念日 ・ エメラルド寺院 --- 終日オープン ・ エメラルド寺院(本堂) --- 終日オープン ・ 王宮 --- 終日クローズ ◎ 5月9日: 農耕際 ・ エメラルド寺院 --- 午後クローズ ・ エメラルド寺院(本堂) --- 終日クローズ ・ 王宮 --- 午後クローズ ◎ 5月21日: 王室行事 ・ エメラルド寺院 --- 午後クローズ ・ エメラルド寺院(本堂) --- 終日クローズ ・ 王宮 --- 午後クローズ ◎ 5月22日: 仏誕節 ・ エメラルド寺院 --- 午後クローズ ・ エメラルド寺院(本堂) --- 終日クローズ ・ 王宮 --- 午後クローズ ◎ 6月03日:スティダー王妃誕生日 ・ エメラルド寺院 --- 午後クローズ ・ エメラルド寺院(本堂) --- 終日クローズ ・ 王宮 --- 終日クローズ ◎ 7月13日: 王室行事 ・ エメラルド寺院 --- 終日オープン ・ エメラルド寺院(本堂) --- 終日クローズ ・ 王宮 --- 終日オープン ◎ 7月20日: 三宝節 ・ エメラルド寺院 --- 午後クローズ ・ エメラルド寺院(本堂) --- 終日クローズ ・ 王宮 --- 午後クローズ ◎ 7月21日:入安居 ・ エメラルド寺院 --- 午後クローズ ・ エメラルド寺院(本堂) --- 終日クローズ ・ 王宮 --- 午後クローズ ◎ 7月24日、25日: 仏教儀式 ・ エメラルド寺院 --- 午後クローズ ・ エメラルド寺院(本堂) --- 午後クローズ ・ 王宮 --- 午後クローズ ◎ 7月28日: ワチラロンコン王誕生記念日 ・ エメラルド寺院 --- 午後クローズ ・ エメラルド寺院(本堂) --- 終日クローズ ・ 王宮 --- 終日クローズ ◎ 7月29日: ワチラロンコン王誕生記念日(振替休日) ・ エメラルド寺院 --- 終日オープン ・ エメラルド寺院(本堂) --- 終日オープン ・ 王宮 --- 終日クローズ ◎ 8月12日: シリキット王妃誕生日 ・ エメラルド寺院 --- 午後クローズ ・ エメラルド寺院(本堂) --- 終日クローズ ・ 王宮 --- 終日クローズ ◎ 10月13日: プミポン前国王命日 ・ エメラルド寺院 --- 終日オープン ・ エメラルド寺院(本堂) --- 終日オープン ・ 王宮 --- 終日クローズ ◎ 10月23日: ラマ5世記念日 ・ エメラルド寺院 --- 終日オープン ・ エメラルド寺院(本堂) --- 終日オープン ・ 王宮 --- 終日クローズ ◎ 11月16日: 王室行事(エメラルドブッダ衣替え) ・ エメラルド寺院 --- 午後クローズ ・ エメラルド寺院(本堂) --- 終日クローズ ・ 王宮 --- 午後クローズ ◎ 12月05日: プミポン前国王誕生日(父の日) ・ エメラルド寺院 --- 終日オープン ・ エメラルド寺院(本堂) --- 終日オープン ・ 王宮 --- 終日クローズ

ベトナム

2024-01-10

(ベトナム)ダナン/「ダナン国際花火大2024」開催日決定!

ベトナム中部のリゾート地・ダナンにて今年12回目を迎える「ダナン国際花火大2024」の開催日が決まりました。開催期間は、2024年6月8日~7月13日までのうち、計5日間、ハン川沿いにて花火が打ち上げられます。この大会にはベトナムのほか、世界各国から7ヵ国(フランス、イタリア、米国、ドイツ、ポーランド、中国、フィンランド)が参加し、テーマに沿った花火の技術や美しさが競われ、最終日に決勝戦が行われます。 ■開催日 (2024年)  6月08日(土) 大会初日&開幕  6月15日(土)  6月22日(土)   6月29日(土)  7月13日(土) 決勝戦&閉幕 これに伴い、花火大会期間中はホテルの混雑、また開催当日はハン川沿いの交通規制が予想されますので、ご注意ください。

マレーシア

2023-12-27

(マレーシア)「デジタルアライバルカード」導入のお知らせ(2024年1月1日~)

2024年1月1日よりマレーシアに入国する全ての外国籍旅客に対し、事前にデジタルアライバルカードの提出が必須となりました。尚、2023年12月31日到着までは、猶予期間として未登録でも入国できますが、それ以降の入国に関しては必須となりますのでご注意ください。 ◆対象者:マレーシアへ入国する以下の免除者を除く全ての外国籍旅客 ◆導入開始日:2024年1月1日マレーシア到着より ◆登録可能日:マレーシア到着3日前から登録可能(それ以前は登録不可) ◆免除者: ・全てのシンガポール人 ・外交官および公用パスポート保持者 ・マレーシア永住権保持者およびマレーシア長期滞在ビザ保持者 ・ブルネイ身分証明書保持者(Sijil Pengenalan Biasa Brunei (GCI)) ・ブルネイ・マレーシア・フリークエントトラベラープログラム利用者(BMFTP) ・タイ・クロスボーダーパス保持者 ・インドネシア・クロスボーダーパス保持者 ◆登録サイト:https://imigresen-online.imi.gov.my/mdac/main ※詳細はマレーシア観光局のサイトにてご確認下さい。 https://www.tourismmalaysia.or.jp/news/news_2023120401.html

ドバイ

2023-12-25

(ドバイ郊外)砂漠の中のレストラン「アル・ハディーラ(Al Hadheerah)」のご紹介

ドバイ市内から車で約1時間、砂漠の中に佇む豪華リゾート「バブ・アル・シャムズ・リゾート&スパ(Bab Al ShamsResort & Spa)」の屋外レストラン「アル・ハディーラ(Al Hadheerah)」をご紹介します。こちらのレストランは、ヤシの木に囲まれた砂漠の中で、本格的なアラビア料理のビュッフェやバーベキューとともに、ダンスショー(ベリーダンス他)、音楽ライブなど活気あふれるアラビアンナイトをお楽しみ頂けます。食後にはナツメヤシの果実を使ったスペシャリテ「スティッキー・デーツ・プディング」もお忘れなく!営業時間は19:00~23:30まで。ファミリーにもおススメしたいレストランです。

ベトナム・ラオス

2023-12-25

(ベトナム/ラオス)ベトジェット航空/2024年2月、ホーチミン~ビエンチャン線を就航!

ベトナムの格安航空会社・ベトジェット航空(VJ) は、国営ラオス航空と提携を結び、2024年2月25日より、南部ホーチミン(ベトナム)とビエンチャン(ラオス)間を結ぶ直行便を就航します。週4便の運航で、所要時間は約2時間。両都市を結ぶ唯一の直行便となります。フライトスケジュールは下記の通りです。 ★ベトジェット(VJ) <ホーチミン(SGN)~ビエンチャン(VTE)線> ・VJ 1831 SGN-VTE 16:00-17:45 週4便(月、水、金、日) ・VJ 1832 VTE-SGN 18:45-20:45 週4便(月、水、金、日)  ※2024年2月25日より就航いたします。  ※フライトスケジュールは変更となる場合もございますので、お問い合わせ下さい。

ベトナム

2023-12-12

(ベトナム)ハノイ/人気沸騰!「タンロン城ナイトツアー」

ハノイのユネスコ世界文化遺産、千年の歴史を刻む「タンロン遺跡」では、現在、毎週金・土曜の19:00からナイトツアーを開催しており、多くの観光客で賑わっています。参加者は専属ガイド(基本ベトナム語)と一緒に、遺跡の発掘現場や1000年以上前の遺物展示場、敬天殿、考古学遺跡などを見学します。また王や女官たちに扮したダンサーによるショーも披露されたりと夜を華やかに彩るアトラクションも観光客を楽しませてくれます。さらに敬天殿跡には拝殿が設けられ、王様たちに線香を手向ける貴重な体験もできます。普段は敬天殿の龍の階段は立ち入り禁止で、足を踏み入れることはできませんが、ナイトツアーに参加する方のみ、この階段を利用することができるのです。ハノイにお越しの際は、ぜひこのナイトツアーをお見逃しなく!