お問い合わせ

Contact

MENU

facebook

youtube

twitter

NEWS

ニュース

カテゴリー

フリーワード

NEWS

新着ニュース

新着ニュース

カンボジア

2021-04-07

新型コロナまん延防止策、アンコール遺跡が2週間クローズ

2021年4月7日、観光省はCOVID-19の拡散を防止する対策として、全ての首都と州の観光局に対し4月7日~20日までの2週間、全国の観光リゾート、観光地、観光コミュニティ、観光の可能性のある場所を閉鎖するよう通達しました。 それに伴い、世界遺産アンコールワットを管轄するアプサラ機構(アンコール地域遺跡保護管理機構)は、アンコール遺跡群をこの期間閉鎖する事を発表。 4月7日の時点で、カンボジア国内の感染者数は2,824例まで上っており、半数以上が2・20市中感染となっております。 クメール正月(4月14日~16日)の連休中に新型コロナの拡大を防止する狙いがありますが、新型コロナが流行してからアンコール遺跡がクローズされるのは初となります。 全国の観光名所クローズの他に、首都のプノンペンでは下記のまん延防止策が実施されております。 •4月1日~2週間、夜間外出禁止令 プノンペン都は、4月1日~14日まで20:00〜5:00までの夜間外出禁止令を発令。 尚、許可なく夜間に外出した者は、バイク、車没収の上、自宅で2週間自主隔離の措置となる。 •4月7日~2週間、州間移動禁止へ 4月6日夜、4月7日〜20日までの2週間、全国で州間を越える移動を禁止。※この間の不要不急の州間の移動は不可。 州毎の規制内容に関しては、詳しくは、在カンボジア日本国大使館のページをご覧ください。 https://www.kh.emb-japan.go.jp/itpr_ja/b_000431.html

カンボジア

2021-03-25

観光ビザからビジネスビザへの切り替えが可能に

20201年3月23日、カンボジア・外務国際協力省は、観光ビザを所持している外国人に対して、下記の条件を満たしている場合はビジネスビザへ切り替える事ができる事を発表しました。 ■2021年3月23日より、下記の書類(ビジネスビザと同様の書類)を準備出来る場合は、観光ビザからビジネスビザへ切り替える事ができる。 <<必要書類>> 1.パスポート(有効期限が、取得期間+6ヶ月以上残存期限があるもの) 2.在職証明書(保証人の署名、会社印付きであるもの) 3.有効なパテント(事業税の支払い証明書)のコピー(会社印付きのもの) 4.証明写真(4×6)1枚 白背景・青背景どちらも可。写真データは不可とする。 5.ビザ申請用紙に記入し、本人の直筆のサインが必要。 6.FPCSの滞在期限が記載されたスクリーンショットを印刷したもの。なお、FPCSに登録する住所は、在職証明書 及び ビザ申請用紙に記入する住所と同じでなければなりません。 これまでにカンボジア政府は、コロナウイルス感染拡大によるフライト停止に伴い、帰国便を手配出来ずカンボジアに留まる外国人に対して、観光ビザ(ツーリストビザ)のビザ期限の自動延長(原則、入国後1ヶ月間のみ有効)と罰金(オーバーステイ1日10ドル)を、出国できるまで免除する事が発表されておりました。 通常は、観光ビザからビジネスビザへの切り替えは、一度出国しなければ出来ませんが、出国せずにビザタイプを切り替える事が出来るのは、特別な対応と思われます。 現時点にて、観光ビザの自動延長、罰金免除の終了については何もも提言はなく、突然観光ビザの自動延長が終了し、遡ってオーバーステイの費用が発生する可能性がありますので、観光ビザでカンボジアに滞在している方は速やかに帰国便を手配し帰国するか、ビジネスビザへ切り替えされる事を推奨します。 ※2020年3月末より現在も、カンボジアの観光ビザ・アライバルビザ・Eビザの発行は停止しております。新規の観光ビザ取得は出来ませんのでご注意ください。

カンボジア

2021-03-23

カンボジア入国前のビザ申請時の必要書類が追加

【コロナ禍によるカンボジア入国時の必要書類4点】 ①新型コロナウイルスの陰性証明書の取得 ②在外カンボジア⼤使館で取得した有効なビザ ③新型コロナウイルス保険の購⼊(FORTE保険会社のコロナウィルス保険) ④入国時に保証金としてUS$2000デポジット 現在(2021年3月時点)、カンボジア入国時に必要書類は上記の4点ですが、 2021年3月上旬より、コロナウイルス感染拡大防止のため、②在外カンボジア大使館でビザを取得する際の必要書類が追加されました。 以下、在日本カンボジア王国大使館のホームページ からの引用となります。 (引用URL)http://www.cambodianembassy.jp/web2/?page_id=424&lang=ja ———– 引用開始 ———– カンボジアビザ申請 カンボジア王国大使館では、新型コロナウィルス(COVID-19)感染拡大防止、また感染者接触可能者の経路究明・特定に努める目的により、今後ビザ申請の際には以下の文書を添付した上で申請いただきますようお願いいたします。書式は問いません。 1 申請者の所属企業のカンボジア支店・支所などが発行した身元保証書、もしくは在カンボジア企業・組織などが発行した招へい状 (1)長期滞在目的でのカンボジア渡航者(現地赴任者に帯同・合流する家族など)は、カンボジアにすでに滞在・居住し招へいする側が、招へいされる側の氏名、生年月日、旅券番号、関係などを明記した招へい状 (2)短期または一時渡航目的でのカンボジア渡航者(業務目的でも家族でもない場合)は、カンボジア現地の企業・組織などが発行した身元保証書または招へい状。外国籍の場合は、当該各国の在日本大使館・領事館にて発行された身元証明書 2 カンボジア現地の滞在先(ホテルも可)の正確な名称・住所・電話番号 3 カンボジア滞在中の訪問先・日時・活動概要などを記載した行動予定表(検疫満了後) ———– 引用ここまで ———– 書類は全て英文で作成する必要があり、書類に不備がありますと査証がおりない可能性もございますので、入国前にカンボジアビザを取得される場合には余裕をもっての申請をお勧めいたします。 今後、カンボジアへビジネス渡航をされる方でも、短期または一時渡航目的での渡航者は、カンボジア現地の企業・組織などが発行する身元保証書または招へい状が必要となり、現地法人が無い場合は、簡単にビザを取得しづらくなっておりますので、ご注意くださいませ。

カンボジア

2021-03-12

2021年末までアンコール遺跡入場券の有効期限延長で販売開始

アンコール遺跡観光チケットセンター(アンコールエンタープライズ)は、2021年3月11日~2021年12月31日まで全ての外国人旅行者へアンコール遺跡入場券の販売を下記のように有効期限を延長することを決定しました。通常チケットタイプ(1日券、3日券、7日券)はどなたでも購入が可能です、長期間チケットタイプ(1ヶ月、3ヶ月、6ヶ月)は3ヶ月以上のビザを取得していることが条件となります。 ■販売期間 2021年3月11日~2021年12月31日 ■通常チケットタイプ 1.1日券($37)の利用期間を「2日」まで延長(連続した日) 2.3日券($62)の利用期間を「5日」まで延長(10日間有効) 3.7日券($72)の利用期間を「10日」まで延長(1ヶ月間有効) ■長期間チケットタイプ(3ヶ月以上のビザ所持者が条件) 1.1ヶ月券($100)の有効期限を「2ヶ月」まで延長 2.3ヶ月券($150)の有効期限を「6ヶ月」まで延長 3.6ヶ月券($200)の有効期限を「1年間」まで延長 ※長期間のチケット(1, 3, 6ヶ月)は、は3ヶ月以上のビザ所持が購入の条件となります。

カンボジア

2021-03-05

カンボジアのビジネスビザ申請がオンラインで可能に(台湾国籍のみ)

2021年2月20日より、Eタイプ(業務ビザ・シングルエントリー)ビザがオンラインで申請ができるようになりました。 Eビザ とは、カンボジアの外務国際協力省が直接発行するビジネスビザで、これまでに、観光ビザのオンライン申請が可能でしたが、ビジネスビザのオンラインが開始されました。 外務国際協力省の公式ウェブサイトのみ(www.evisa.gov.kh) にて申請が可能です。 Eビザのオンライン申請が出来るのは、現在のところ台湾パスポートのみとなり、申請時には、健康保険及び、証明書(投資プロジェクト/地元企業からのスポンサーレター/雇用証明書/労働契約書/特許証明書/教育機関など)、証明写真が必要となります。 ・ビザタイプ:E(業務ビザ) ・エントリータイプ:シングル1回限り ・費用:US$35+US$7(手数料)= US$42 ・有効期限:発行から3ヶ月 ・滞在期間:30日間 ・申請期間:申請から3営業日にて受け取り可 ※現段階では、日本国籍の方は、Eビザのオンライン申請は出来ません。 ※現在、観光ビザ、アライバルビザ(到着時に空港で入手できるビザ)の発行が停止されております。

Russia

2021-03-02

ロシア外交官と家族、手押しトロッコで北朝鮮を出る

引用:ロシア大使館FBページ ロシア外務省は25日、北朝鮮のロシア大使館に勤務するロシア人外交官とその家族が、手押しトロッコという異例の手段でロシアに帰国したと明らかにした。北朝鮮は新型コロナウイルス対策として国境を封鎖している。このため、外交官たちは「ほかに手段がなかった」とロシアは説明している。 外交官と家族の8人はまず電車とバスで平壌からロシア国境まで移動。その上で、線路上を約1キロ、手押しトロッコで移動した。 北朝鮮は新型ウイルス対策として、ほとんどの旅客の出入国を禁止している。これまで国内に感染者はいないというのが公式発表だが、専門家たちは疑っている。 ロシア外務省はフェイスブックで、「国境が1年以上封鎖され、旅客の移動が停止しているため、帰国の旅は長く厳しいものになった」と明らかにした。 同外務省が共有した写真では、外交官と子供たちが荷物と共にトロッコに乗り、冬枯れの景色の中を移動している。また動画では、国境の豆満江に架かる鉄道橋を渡り、国境を越えた瞬間に歓声を上げる様子も映っていた。 動画説明,手押しトロッコで北朝鮮から国境越え ロシア外交官や子供たち歓声 同外務省によると、トロッコの「エンジン」役となったのは、ウラジスラフ・ソロキン3等書記官だった。書記官の3歳の娘ワーリャちゃんを含む8人は、平壌から電車で32時間とバスで2時間かけて、国境まで移動したという。 ロシア側の駅で外務省職員が出迎え、一行はバスでウラジオストク空港まで向かった。 北朝鮮の厳しい感染対策によって、国内の移動が制限されているほか、生活必需品も不足しがちだという。ウイルスの越境を防ぐため、国境地帯の警備は強化されている。 この1年間で多くの外交官は北朝鮮を離れ、欧米諸国は大使館をいったん閉鎖した。 外国からの旅行者の大半は国境を越えて中国に移動した。昨年3月にはウラジオストクへ向かった同じ飛行機で、一度にドイツ、ロシア、フランス、スイス、ポーランド、ルーマニア、モンゴル、エジプトの各国外交官がまとめて出国していた。 記事引用先:BBC News Japan

Russia

2021-02-23

【ウラジオストク】氷上マラソン開催!

ロシア・ウラジオストクにて2月21日、凍結した海の上を走るという珍しいマラソン大会が開催された。 新型コロナウイルスの影響で外国人は在住者に限られたが、ロシア各地から約千人が参加しにぎわった。 ウラジオストクは冬も凍らない「不凍港」として歴史の教科書に出るほど有名だが、実は凍らないのは航路の一部。会場となった郊外ルースキー島の湾内は厚さ約60センチの氷で覆われた。氷上マラソンは2016年以降6回目の開催で、今年はコロナ対策で参加者数を前年の3分の2に抑えた。主催者によると、凍った湖や貯水池を走る大会はあるが海上は他にないという。 晴天で氷点下8度。大人はハーフ、10キロ、5キロの3部門で競った。

ベトナム

2021-02-08

HANに”カペラハノイ”がOPEN!

ベトナムの ハノイに「カペラハノイ (Capella Hanoi)」がオープン! 『Travel + Leisure. 2020 World's Best Awards』にて2020年世界No.1ホテルを受賞した「カペラ ウブド(バリ)」を設計した建築家 ビル・ベンズリー氏によるデザインで、全47部屋のブティックホテルとなっております。

中国

2021-02-04

中国ビザ取得時の指紋採取について

2021年2月8日より東京・名古屋・大阪の中国ビザセンター及び札幌・新潟・福岡・長崎の総領事館にてビザ申請を行う場合、本人の指紋採取と写真撮影が義務化されました。 但し以下の条件の方は指紋採取が免除されます。 ①14歳未満及び70歳以上の方 ②10本とも指が無いもしくは、指紋が無い方 ③5年以内に同じPPTでビザ申請、指紋採取を行った方 ④外交PPT所持、または中国の外交、公用、礼遇ビザの発給条件を満たしている方 ※なお写真撮影に関しては、ビザ申請書に張り付ける写真とは別に当日の撮影となります。 中国大使館HP http://www.china-embassy.or.jp/chn/lsfws/lsb/t1850435.htm

ベトナム

2021-02-01

ベトナム  テト(旧正月)

ベトナムで最も重要な祝祭日、テト正月のご紹介です。ベトナム語でお正月を「テトTet」(節を意味します)と呼び、テトは旧暦に基づいて決められるので、毎年変わる祝祭日になります。2021年は2月10日~16日までがテト正月のお休みです。テトには、家に金柑の木、桃、梅の花などを飾る習慣があるので、町が色鮮やかになります。下記、テトに行われるイベントやお祭りを一部ご紹介します。 <2月11日> テト:ベトナム新年大晦日  24時になった瞬間からホーチミン市、ハノイ市にて打ち上げ花火が約15分間打ち上げられます。同日、歳神様受け入れの為、23時頃から家々の玄関のドアが開けられ、24時を過ぎると紙でできた飾り付けなどは燃やされます。同時に近くのお寺や廟などへ初詣が始まります。 <2月12日> テト:ベトナム新年元旦(旧正月/春節) <2月13日> テト:ベトナム新年  ハノイでは、初詣先として有名な「文廟」の境内にて約1週間「書初め(常時)」や「新年奉納の舞(適時)」などがご覧頂けます。 <2月14日、15日> テト:ベトナム新年 <2月16日>      テト:ベトナム新年  旧暦5日目朝8時~11時まで「ドンダー祭り」が行われます。ハノイ市中心地から車で片道20分ほどの場所です。ドンダーにて進軍してきた中国清朝軍を破ったことを記念して毎年行われているお祭りです。 <2月17日>テト:ベトナム新年  旧暦6日目朝8時より約1週間続く「コーロア祭り」。一番の見どころは、初日行われる境内への神輿入退場です。朝8時に境内に神輿入場、11時頃から境内より神輿退場が行われます。コーロア城広場では毎年時間が前後しますので、何とも言えませんが、9時か10時頃、民族衣装を着た人間将棋、竹でできた伝統的なブランコ乗り遊び、ベトナム相撲競技などが行われます。ハノイ市内から車で片道約45分です。

1 2 3 4 5