お問い合わせ

Contact

MENU

facebook

youtube

twitter

NEWS

ニュース

カテゴリー

フリーワード

NEWS

新着ニュース

新着ニュース

カンボジア

2020-06-04

プノンペンの博物館、6月より営業再開

新型コロナウイルスの影響で営業を禁止されておりましたプノンペンにある博物館の営業が、6月1日より徐々に再開し始めました。詳細は下記の通りです。プノンペンの博物館は6月よりオープンしましたが、シェムリアップの博物館はクローズのままで再オープンは現時点では未定です。 【プノンペン】 ・国立博物館 → 6月1日よりオープン ・トゥールスレン博物館 → 6月1日よりオープン ・SOSORO博物館(お金の博物館) → 6月1日よりオープン 【シェムリアップ】 ・アンコール国立博物館 → クローズ ・CMAC平和博物館 → クローズ ・戦争博物館 → クローズ ・アキラ地雷博物館 → クローズ 尚、博物館入場時には、検温、アルコール消毒を行う事が義務付けられております。

カンボジア

2020-06-01

新型コロナウイルスに関する最新情報

カンボジアにおける新型コロナウイルスに関する最新情報をお知らせ申し上げます。 ①【入国規制国6か国の解除】 カンボジア保健省は、5月20日付けにて、入国規制があった6か国(イラン、イタリア、ドイツ、スペイン、フランス、アメリカ)からの入国禁止規制を解除する事を発表しました。3月中旬より開始され、約2ヶ月振りの解除となります。 ※現在(6月1日時点)、カンボジアでは入国規制国はございません。 ②【入国時の感染検査】 カンボジア保健省は、5月20日付けにて、カンボジアに入国する全ての渡航者(カンボジア人を含む)に対して、空港到着後にPCR検査が受ける事とともに、検査結果が出るまで政府が指定した場所にて待機する事を発表しました。同一フライトの乗客に1人でも陽性者が確認された場合は、乗客全員が政府指定の宿泊施設で、14日間隔離され、隔離13日目に再度PCR検査を受けなければなりません。尚、隔離対象となった場合の宿泊費は自己負担となります。 ※尚、カンボジア入国にあたり、コロナウイルスの陰性を証明する健康診断書及び保険額が5万ドル以上の保険証書の提示は引き続き求められております。 ③【6月1日より博物館の営業再開を許可】 カンボジア保健省は、文化芸術省に対して、6月1日より博物館の営業再開を許可しました。営業再開の条件として、館内入場時の検温、アルコール消毒を行う事が義務付けされております。 ※運動施設(ジム含む)、映画館、KTV、娯楽クラブ(カラオケ、ディスコ、ビアガーデンなど)、健康マッサージ、スパ事業、カジノは引き続き営業が禁止されております。 ※遺跡、博物館以外の観光地は引き続き営業禁止が継続されております。

タイ

2020-06-01

バンコク/“映える”スポットがついにオープン!

バンコクでも随一の“映える”スポットとしてお馴染みのスポット、タラート・ロットファイ・ラチャダー(ラチャダー鉄道市場)が、ついに5月15日より再開されました。一時期はすべてのテントが撤去され、かつての賑わいが嘘のように駐車場になっていましたが、タイのCOVID19感染者数の減少が確認され、それに伴い各所の営業規制が緩和されました。同市場への入場時にはマスクの着用義務、検温などが行われておりますが、観光業に多くを依存し、裾野が広い産業であることから、バンコクはもとよりタイ全域において、COVID19終息後の産業の再振興への道筋を整備されつつあります。現時点では、制約が多く不便も多くありますが、タイ国民の生活と外国人観光客を受け入れる準備が着々と進み、また“微笑みの国”が活性化されることが期待されます。また、ウィークエンドマーケットで知られるチャトチャックウィークエンドマーケットも再開し、COVID19が世界中で終息することを願い、今まさにバンコクは、皆様をお迎えできるよう進行中です! ・営業:木金土日16:00-21:00(※COVID19対策用時間帯)

タイ

2020-06-01

バンコク/「MBK」などのショッピングセンターが再オープン!

非常事態宣言が6月末まで延長されたタイですが、3月よりクロ―ズしていたバンコクのショッピングセンターが、5月17日より順次再開してきました。学生団体ツアーや一般団体ツアーでも、よくツアー内に組み込む「マーブンクロンショッピングセンター(MBK)」内の様子をご紹介します。見どころは、まずは1階にあるスーパーマーケット「トップス・マーケット(TOPS MARKET)」、4階にある携帯電話などのIT機器が集まるエリア、雑貨が集まるエリアが人気のショッピングスポットになっています。人通りも普段通りとまではいきませんが、平日でもそれなりに賑わっている様子が伺えました。現在、タイのショッピングセンターでは入場時にQRコードのスキャンによる入出・退出+検温、並びに各店舗でも同様の作業により入店規制を実施しています。また至る所で、「ソーシャル・ディスタンス(SOCIAL DISTANCE)」の規制が分かりやすくテープ等にて示されています。6月も非常事態宣言が続くタイですが、一歩一歩着実に正常化への道を踏み出しています。

ベトナム

2020-05-25

ホーチミン/「ロッテレジェンドホテルサイゴン」、名称変更のお知らせ

2020年5月21日付にて、ホーチミン中心部にあるデラックスホテル「ロッテレジェンドホテルサイゴン(Lotte Legend Hotel Saigon) 」は「ロッテホテルサイゴン(Lotte Hotel Saigon)」に変更いたしました。今後、パンフレットなどの記載にご注意下さい。 ★LOTTE HOTEL SAIGON:https://www.lottehotel.com/saigon-hotel/en.html

タイ

2020-05-12

ドンキモールマーケット2 号店、「ドン・ドン・ドンキー・ザ・マーケット」のご紹介

タイでは2 店舗目となるドンキホーテ「ドン・ドン・ドンキー・ザ・マーケット(DON DON DONKI THE MARKET)」が、BTS チットロム駅から直ぐのセントラルワールドやバンコク伊勢丹の向かい側に3 ⽉31 日にオープンしました。またバンコク伊勢丹が8 ⽉末に閉店しますので、新しく日本文化を発信するスポットとしての期待も集まっております。この2 号店は、チットロム地区というサイアムパラゴン等観光客が多数訪れる場所となりますので、お土産として重宝されるメイド・イン・タイのお菓子や化粧品の品揃えも充実しております。バンコクにお越しの際は、このチットロム地区にあるタイでも有数のパワースポット「エラワン祠」や伊勢丹前にある「ガネーシャ」、「トリムルティ」と併せてお立ち寄りいただければ、運気アップとショッピングと一石二鳥です! ★DON DON DONKI THE MARKET 場所:ザ・マーケット・バンコク内 営業時間:10:00〜25:00 ※2020 年4 ⽉現在コロナウィルスの影響により短縮営業中(11:00〜20:00)

カンボジア

2020-05-12

シェムリアップ/ 地雷をかぎ分ける優れたネズミ!?

シェムリアップのアポポビジターセンターでは、2018年にベルギーのNGOにより開設された施設であり、アフリカで地雷探知のために訓練された『ヒーローラッツ』というネズミの活動を観察すると同時に、カン ボジアと世界の地雷問題、ネズミによる地雷探知のデモンストレーション、英語でのビデオ上映などアポポの活動を通じて地雷問題について学習することができます。通常ツアーでは英語での案内となるため、英語学習という要素もあります!アンコール遺跡群などを入れた歴史学習との組み合わせも可能ですので、教育旅行などにいかがでしょうか?

タイ

2020-05-12

バンコク/オーナーの祖母の味をモダンにアレンジ!「スパンニガー・イーティング・ルーム」

オーナーが幼少時に親しんだ祖母の味を皆に届けたいという発想のもとにオープンした「スパンニガー・イーティング・ルーム」。祖母の出身地であるタイ東部郷土料理をベースにオーナーが生まれ育ったイサーン地方のテイストを加えた味を、カフェのようなモダン作りなお店で提供するというコンセプトが地元のハイソな若者から駐在のグルメ好き外国人に人気が出て、現在はバンコクに4店舗(トンロー、サトーン、ターティアン、チャルンクルン)を構える人気店。タイ全土からから直送されたこだわり食材と全店で共通している”おばあちゃんのレシピ”で調理された料理には味わい深い家庭的なものから、一般的なタイ料理店では中々味わえないメニューを堪能できるため、タイの食通にも評価が高い。セットメニュー(シェアベース)対応でタイ料理好きのリピーターや女性客のデラックスタイ料理として利用可能。また、川沿いのワットアルンが望めるインスタ映えのターティアン店や小グループ用の個室があるサトーン店(写真)がおすすめ。尚、お店は人気の為、早めの事前予約が必要です。 ★Supanniga Eating Room 場所:バンコク4店舗(トンロー店、サトーン店、ターティアン店、チャルンクルン店) 営業時間:11:00~14:30、17:30~23:00 ※2020年4月現在コロナの影響によりトンロー店、チャルンクルン店の2店舗でデリバリーのみで営業。(10:00~20:00)

タイ

2020-05-12

ショッピングセンター「ザ・コモンズ」がサラデーンにオープン!

トンローエリアで大人気の地域密着型ショッピングセンター「ザ・コモンズ(The Commons)」が2020年1月サラデーンにオープンしました!赤を基調としたデザインが目を引くおしゃれな造りとなっており、トンロー店とはまた違った雰囲気があります。階ごとにRoastなどの人気カフェのあるカフェエリア、フードコートのあるマーケットエリア、ヨガや体験ワークショップなどが楽しめるアクティビティエリアと分かれており、どのフロアも見どころ満載。BTSサラデーン駅とMRTシーロム駅から徒歩で約8分程度という立地もおすすめポイントです。 ★The Commons Saladaeng 場所:BTSサラデーン駅とMRTシーロム駅から徒歩で約8分程度 営業時間:07:00~25:00 ※2020年4月現在コロナの影響により短縮営業中(07:00~21:00)

タイ

2020-05-12

バンコク/「モンティエンホテル」のカオマンガイ、小セットを新たに加え販売再開!

新型コロナの影響で現在、タイ全土の各レストランでは持ち帰り限定でのオープンが続いていますが、一時休業していたモンティエンホテル内のレストラン「ルエントン」の人気メニュー*カオマンガイが再販売となりました。引き続き現時点では、持ち帰りのみの販売となります。休止前は、カオマンガイ大セットのみしかありませんでしたが、再オープン後は小セットも提供するとのこと。大セットはかなり食べ応えあり、夕食が食べられなくなるほどのボリュームでしたが、小セットならよりリーズナブルなお値段となり食欲も満たせそうです。涼しいレストラン内で、タイの代表的なカオマンガイであるモンティエンホテルのカオマンガイを試してみてはいかがでしょうか? *カオマンガイ=タイ米(ジャスミン米)に蒸し鶏をのせた鶏肉料理 ★Ruen ton 場所:バンコク・モンティエンホテル内レストラン 営業時間:11:00~22:30 ※2020年4月現在、コロナの影響により短縮営業中(09:30~19:00)

1 2 3 4 5 6 7