お問い合わせ

Contact

MENU

facebook

youtube

twitter

NEWS

ニュース

カテゴリー

フリーワード

NEWS

新着ニュース

新着ニュース

ベトナム

2020-01-22

ホーチミン/「サイゴン大教会」、リノベーション延長

ホーチミンの観光名所「サイゴン大教会」は、2017年7月より修復工事を開始しておりますが、大幅に工期が遅れており、当初の完了予定は、2019年末~2020年とのことでしたが、2023年以降にずれ込むもようです。現在も教会を囲うフェンスや一部ブルーシートで覆われた状況が継続しておりますので、予めご了承下さい。

ベトナム

2020-01-15

ハロン湾/プラスチック製品、使用禁止につきまして

世界遺産・ハロン湾では、2019年9月より、環境保全、ごみ問題解決に向け、プラスチック製品の使用が禁止されております。現状、クルーズ会社は、ペットボトル入りの水の販売は、在庫が切れ次第終了というかたちを取っておりますが、アルミ缶のソフトドリンクやビール、ガラス瓶のワインなどは引き続き船内で販売しておりますので、お食事とともにお楽しみ下さい。

ベトナム

2020-01-14

ホイアン/「ホイアン・ブルースカイ・ブティックホテル&スパ」のご紹介

ホイアン旧市街から約2kmほどの場所に「ホイアン・ブルースカイ・ブティックホテル&スパ」(4ッ星)が2019年12月3日にグランドオープンしました。全68室(全室バスタブ付き)のブティックホテルで、施設内には屋外プールやレストラン、スカイバー、スパが併設されており、街中の喧騒から離れて、ゆったりと過ごすことが出来ます。ホイアン旧市街とホテル間はシャトルバスが運行しているので、観光にも便利です。シリーズパッケージ(FIT・GIT)に関しては特別レート(ROH:部屋指定無し)が出ておりますので、是非お問い合わせ下さい。 ★ Hoi An Blue Sky Boutique Hotel & Spa 08 Tran Quoc Toan St, Hoi An Tel: (+84) 2353 911 111 Web:http://www.hoianbluesky.com/

ベトナム

2020-01-09

ダナン/インスタ映え!「ウォールアート街」のご紹介

ダナンのドラゴン橋から徒歩で10分ほどの路地に、ウォールアート街(ダナン・フレスコ・ビレッジ)は、インスタ映えのスポットとして、観光客にも人気があります。住宅街に現れる数多くのウォールアートは、見ているだけでも楽しくワクワクします。これらのウォールアートは、アーティストやダナンの大学生によって、数ヵ月かけて描かれ、2018年3月に完成したものです。住宅街の無機質な壁がアーティストたちの手によって、明るく賑やかなものに生まれ変わりました。ダナン旅行の記念にこちらで写真撮影はいかがでしょうか?

インドネシア

2020-01-09

ジャカルタ/「レジ袋」廃止のお知らせ

2020年7月よりジャカルタではスーパーやコンビニでのレジ袋が廃止なります。(※バリでは既に2019年1月よりレジ袋は廃止されております。) 現地のスーパーやコンビニでのお買い物に備えて、日本からエコバックをご持参頂くと便利です。

カンボジア

2020-01-08

シェムリアップ/バイヨン寺院 「中央祠堂とその周辺の広場」の入場禁止につきまして

シェムリアップのアンコールトム内バイヨン寺院の「第二回廊より上のエリアにあたる中央祠堂とその周辺の広場(テラス)」は、中央塔の調査を&修復を行うため、2020年1月1日より入場禁止となることがアプサラ機構により発表されておりましたが、予定通り1月1日より、第二回廊から中央祠堂へ登る階段の前には柵が設けられ、入場できないようになりましたので、改めてお知らせ申し上げます。これにより、修復期間中は、バイヨン寺院で有名な「クメールの微笑み」と称される観音菩薩像をはじめとした四面仏を間近でご覧頂くことはできなくなりますのでご注意下さい。 なお、第一回廊と第二回廊の一部はこれまで通り見学できますので、第一回廊から第二回廊及び中央祠堂付近の四面仏を眺めることは可能です。写真は入場禁止エリアの見取り図です。 赤いエリアが入場禁止で、中央祠堂とその周辺が入場できなくなった箇所です。中央塔の調査を&修復完了がいつになるのかは、現時点では未定です。また新たな情報が入りましたら、ご連絡申し上げます。

カンボジア

2020-01-07

シェムリアップ/「シーマック平和博物館」、入場料徴収のお知らせ

シェムリアップ市内から車で40分程の場所にある 「シーマック(*CMAC)平和博物館」は、昨年までは入場無料でしたが、2020年1月1日より入場料1名につきUSD12が必要になりました。同博物館は、地雷処理活動について学習できる施設で、展示内容が充実しており、館内スタッフの丁寧な説明もあるので、教育旅行などに大変おススメです。 *CMAC=Cambodia Mine Action Center

カンボジア

2020-01-07

プノンペン/「ザ・グレート・デュークホテル」、閉鎖のお知らせ

2019年12月30日を以って、プノンペンの5ッ星ホテル「ザ・グレート・デュークホテル」(旧インターコンチネンタルホテル)は経営上の理由とのことで閉鎖致しました。今後の見通しは、現時点では未定です。新たな情報が入りましたら、またお知らせ申し上げます。 ★The Great Duke Phnom Penh Add:PO. Box 2288, Regency Square 296 Mao Tse Toung Blvd Phnom Penh,12306

カンボジア

2020-01-07

プノンペン/「グリーンパレスホテル」、名前変更のお知らせ

プノンペンのスタンダードホテルとしてよく利用されていた「グリーンパレスホテル」は、昨年2019年12月末に「サンシャイン・ホリデイ・ホテル」に名前変更しております。現在、館内は一部工事中ですが、ご宿泊は可能です。 ★Sunshine Holiday Hotel #61, St.111 Corner of 232, Phnom Penh Tel:+855 23 225 757 Fax:+855 23 223 181

ウズベキスタン

2020-01-06

鉄道手配、60日前から可能に

ウズベキスタンの鉄道は、これまで出発の45日前からの発売でしたが、2020年1月より60日前からの発売となりました。予約の際には、パスポートのデータが必要です。ツアーでは、ブハラ ⇔サマルカンド間、ブハラ ⇔タシケント間、ブハラ⇔サマルカンド間を運行するアフラシャブ号やシャークトレイン号をよく利用いたしますが、こちらも60日前から手配可能となりますので、特にハイシーズン(春&秋)は、発売と同時に予約発券されることをオススメいたします。

1 2 3 4 5 6

APEX INTERNATIONAL INC. オフィシャルWebサイトは
最新のブラウザに対応しております。
ご利用のブラウザがInternetExprolerの場合は
最新版のMicrosoft Edge、もしくはChromeなどの最新ブラウザでご覧ください。