お問い合わせ

Contact

MENU

facebook

youtube

twitter

NEWS

ニュース

カテゴリー

フリーワード

NEWS

新着ニュース

新着ニュース

カンボジア

2020-08-11

(プノンペン)ワットプノン、キリングフィールド観光再開

プノンペンの主要観光地である、ワットプノンとキリングフィールドが先月より観光が再開されました。 ワットプノンとキリングフィールドは、コロナウイルスの感染拡大を受け、3月下旬より施設がクローズしておりましたが、約4か月振りに再開されました。 尚、王宮及び、シェムリアップの博物館は引き続き休業中でございます。 8月11日現在のカンボジアの観光地のオープン情報は下記の通りです。 ■シェムリアップ観光地情報 ・アンコール遺跡群:通常オープン ・アンコールバルーン(気球):通常オープン(平日午前、週末終日)  ・アンコールアイ(観覧車):通常オープン(毎日14:00~21:00) ・アンコール国立博物館:クローズ中 ・戦争博物館:クローズ中 ・CMAC博物館:クローズ中 ・ファーサーカス:再オープン(毎週金、土曜日20時より1日1公演)   ■プノンペン観光地情報 ・国立博物館:通常オープン ・トゥールスレン博物館:通常オープン ・王宮:クローズ中 ・キリングフィールド:再オープン ・ワットプノン:再オープン   ※COVID-19感染拡大防止の為、博物館入場時の検温、アルコール消毒の実施及び 博物館の係員と訪問者の両方がフェイスマスクを着用する事が義務付けられております。 また、健康上の問題があるか、ウイルスに感染している疑いがある方は入場ができませんのでご注意ください。

カンボジア

2020-08-11

(プノンペン)人気クメール料理レストラン「クメール・スリン」が8月2日より再オープン

プノンペン市内BKKエリアにある人気クメール料理レストラン「クメール・スリン・レストラン」が、1年3ヶ月の改装期間を経て、2020年8月2日より再オープン致しました。 クメール・スリン・レストランでは、本格的なクメール料理の他にタイ料理が楽しめる外国人に人気のクメール料理店。場所は、旧レストランの真向かいに建てられ現在ソフトオープン中です。

インドネシア

2020-08-11

スマトラ島/「トバ湖」、ユネスコの「世界ジオパーク」に認定!

2020年7月9日にスマトラ島北部に位置する「トバ湖」がユネスコの「世界ジオパーク」に認定されました。インドネシアでは5件目の認定です。「トバ湖」は世界最大級のカルデラ湖であり、巨大噴火によって形成された湖で、湖の中央にはサモシール島という有人島があり、島内はのんびりした雰囲気や風光明媚な景色で観光客を魅了します。この地域の中心となるバタック族はキリスト教を信仰しており、インドネシアでは珍しく教会を目にすることができます。外国人観光客がまだ比較的少ないエリアですが、湖を眺めながらのんびり過ごすのに最適です。「トバ湖」へのアクセスは近年開業したシボロンボロン空港より車で1時間半ほどです。その他、メダン国際空港から車で4~5時間という方法もあります。                                       

ベトナム

2020-08-11

ハイフォン/ 「ホテル・ニッコー・ハイフォン」、8月1日オープン

「ホテル・ニッコー・ハイフォン」は洗練されたラグジュアリーな客室250室を有し、日系ホテルならではのきめ細やかなサービスで、ビジネスでも、プライベートでも、さまざまな用途にあわせて安心してご滞在頂けます。ホテルは、カットビ国際空港より車で約10分のウォーターフロントシティに位置します。また野村工業団地、チャンズエ工業団へは車で約25分です。 ★HOTEL NIKKO HAI PHONG https://www.okura-nikko.com/vietnam/hai-phong-city/hotel-nikko-hai-phong/

台湾

2020-08-04

台北市北投区

加賀谷、リノベーションのお知らせ 北投温泉にある加賀谷は、下記の期間中、館内の改修工事を行うため、全館休館いたします。 ・8月の休館日:8/3、4、17、18 ・9月の休館日:9 /7、8、21、22 ・10月の休館日:10/5、6、19、20 ★公式サイト:https://www.kagaya.co.jp/misc/tw/

ベトナム

2020-08-04

ホーチミン/「無印良品」、ポップアップストアをオープン!

「無印良品」が100%出資する「ムジ・リテール・ベトナム(Muji Retail Vietnam)」がホーチミンの中心部に2020年7月31日に 期間限定のポップアップストアをオープンしました。ホーチミン市1区にある商業施設「パークソン・サイゴンツーリスト・プラザ」1階に店舗を構えます。新型コロナの影響か、列はできていませんでしたが、それなりに買い物客で賑わっておりました。値段は、色ペンが19000ドン(日本で90円)、ワイヤーハンガー3本が40000ドンで日本と同じくらい、化粧品類は日本よりプラス500円程度のプライスです。

ベトナム

2020-07-30

◆続報◆(ダナン)新型コロナ感染者発生のため、市内ロックダウンに(7/28~)

ベトナム航空は、日本⇔ベトナム間全区間、2020年10月24日までの運休を発表しましたので、お知らせ申し上げます。 ベトナム新型コロナ最新情報はこちら↓↓↓↓↓↓↓↓↓ https://4agents.apex-asia.co.jp/delivery/gMtMHvGzAuYvwIEi 2020年7月31日 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー ダナンにて新型コロナ感染者が発生したため、7月28日0時よりダナン市内再びロックダウンしております。 期間は2週間以上かかる見込みです。また7/30現在、ハノイでも1名の感染者が出ております。 ダナンで感染者出たことで他都市にも影響出ています。ホーチミン市ではオフィスビルなど入館時に体温チェックが復活し始めレストランなどではスタッフがマスクを再び着用しつつあります。 下記情報も合わせてご参考下さい。 <ベトナム ダナン> 社会的隔離措置内容 https://www.viet-jo.com/m/news/social/200727164419.html <ダナンでの市中感染発症に関連するホーチミンでの対応> 在ホーチミン日本国総領事より https://www.hcmcgj.vn.emb-japan.go.jp/itpr_ja/11_000001_00177.html https://www.hcmcgj.vn.emb-japan.go.jp/ryouji/2820UBNDVX.pdf 2020年7月30日

インドネシア

2020-07-30

バリ島 国内旅行再開へ(7月31日)

● 28日、バリ州政府は31日から国内観光客に対して観光を再開する旨の発表をしました。 ● 国内観光客にはインドネシア在住の外国人も含まれますが、海外からの観光客は含まれません。 ● 国内観光客に対する観光は再開されましたが、バリ州政府による健康プロトコールに変更はありません。 ● バリ州入域に際する州政府HP(https://cekdiri.baliprov.go.id/)での情報登録や必要書類についても変更はありません。 ● 状況の推移に伴い、バリ州入域に関する各種規制は変更される可能性がありますので、最新情報の入手に努めてください。 国内観光客がバリ州に入域する際の諸要件に関する通達(骨子) 1 認定機関が発行したPCR検査陰性証明書、あるいは迅速抗体検査(Rapid検査)陰性証明書の提示。 2 同証明書の有効期限は発行日から14日間。 3 有効な同証明書を提示した観光客は症状がない限り同検査の受検が免除される。 4 同証明書を提示できない観光客はPCR検査、あるいは迅速抗体検査を受検しなければならない。 5 迅速抗体検査結果の陽性者は続いてPCR検査を受検しなければならない。同検査結果が出るまでの間バリ州政府が指定する機関で隔離される。 6 PCR検査結果の陽性者はバリ州に所在する医療機関に入院し看護を受ける。 7 検査費用及び入院等のかかる費用は観光客が負担する。 8 すべての観光客はバリ州に入域する前にLOVEBALI(https://lovebali.baliprov.go.id)にアクセスして同アプリをインストールしておかなければならない。 9 観光客はバリ州に滞在する期間、以下の新時代における生活秩序のプロトコールを実践しなければならない。 a マスクの着用 b 手洗い等の励行 c 他者と1m以上間隔を開ける d 清潔かつ健やかな生活を営む e くしゃみや咳をする時にハンカチ等で鼻・口をふさぐ f 目・鼻・口など顔の表面を直接に手で触らない g 体温計の携行 h 携帯電話等身の回り品を清潔に保つ i 新型コロナウイルス感染防止に協力する j 他者との身体接触を避ける 10 観光客はバリ州に滞在する間、安全確保のためスマートフォンのGPS機能をオンにすること。 11 観光客はバリ州に滞在する間、LOVEBALIアプリを通じて体調不良や問題を通報することができる。 12 観光客は本通達の諸要件に従わなければならない。これに違反した場合は法により処罰される。 2020年7月28日 バリ州知事 (署名) ワヤン・コスター

ラオス

2020-07-27

(ルアンパバン)老舗有名レストラン TAMNAK LAO 廃業へ(ビエンチャン店は営業継続)

ルアンパバンの老舗有名レストラン TAMNAK LAO は、コロナウイルスの影響により、事業継続が不可となり16年間の営業を経て廃業となりました。大通りサッカリン添えで、多くのお客様にご利用頂きました。なお、ビエンチャン店(休業日:日曜日、祝日)は引き続き営業を続けますので、今後もご利用頂けます。

ラオス

2020-07-27

(ビエンチャン)PAKSON デパート、ソフトオープン

ビエンチャンにPAKSON デパートがソフトオープンしております。現在、主にCAFE、高級食材スーパーマーケット、フードコートが主な店舗となりますが、順次 ファーストフードや専門店等オープンされ、ラオスで唯一の高級デパートとなります。目玉はフードコートでラオスでは今までにないスタイルで、お昼時は多くの人で賑わっています。 ★PAKSON 住所:011 Kjouvieng Road, Vientiane ,LaoPDR TEL:(+856,21)261-688 営業時間: 9:30--21:30 休業日:無休

1 2 3 4 5 6 7