お問い合わせ

Contact

MENU

facebook

youtube

twitter

NEWS

ニュース

カテゴリー

フリーワード

NEWS

ベトナム

2019-08-07

ハノイ/「ホーチミン廟」、2019メンテナンス、まもなく終了!

ベトナムの英雄、ホー・チ・ミン氏のご遺体が安置されているハノイの「ホーチミン廟」は、ご遺体のメンテナンスのため、2019年6月14日よりクローズしておりましたが、8月15日(木)より再開、通常通りの見学が可能となりますので、お知らせ申し上げます。 尚、見学時間は午前中のみ(月・金曜休み)となりますので、ご注意下さい。 衛兵交代式は、「ホーチミン廟」のオープン時間は30分に1回、クローズ後は1時間に1回、24時間行われます。

ミャンマー

2019-08-06

ヤンゴン/「ヤンゴン・ダラ友好橋」建設のため、「ボンジー通り」が通行止めに

韓国政府の支援によるプロジェクト、「ヤンゴン・ダラ橋(韓国ミャンマー友好橋)」の建設のため、2019年8月1日よりヤンゴン市内の目抜き通りの一つ「ボンジー通り」が、通行止めになっております。 これにより、ヤンゴンのダウンタウンエリアは、今まで以上に渋滞が激しくなることが予想されますので、ご注意下さい。 工事終了は2021年10月頃を予定しています。「ヤンゴン・ダラ橋」は、ヤンゴン川に架けられる橋で、完成後は、ヤンゴン市ホ゜ンシ゛ー通りからその対岸にあるダラ地区が結ばれます。

ベトナム

2019-07-31

MOREプロダクションの勝恵美氏、「令和元年度外務大臣表彰」を受賞!

弊社関連会社で、ベトナム・ハノイ市で印刷媒体の制作(ベトナム航空機内誌「ヘリテイジ」の発行など)や広告代理業、現地取材コーディネートなどを手掛ける「MOREプロダクション」の日本代表である勝 恵美(かつ めぐみ)さんが、「令和元年度外務大臣表彰」を受賞しました!「外務大臣表彰」は、日本と諸外国との友好親善関係の増進に多大な貢献をしている中で,特に顕著な功績のあった個人および団体に、その功績を称えるとともに、その活動に対する一層の理解と支持を国民各層にお願いすることを目的としています。 勝さんの功績は、「日本とベトナムとの相互理解の促進」です!「MOREプロダクション」は、ハノイで、カフェ「安南パーラー」も経営しており、ツアーでもよくご利用頂いておりますので、皆様にもお馴染みかと思いますが、なんといっても勝さんと言えば、"日本の絵本" をベトナム語に訳して出版するプロジェクトです。これまで「ぞうくんのさんぽ」(作・絵:なかのひろたか)、「からだのみなさん」(作・絵:五味太郎)、「そらいろのたね」(作・絵:なかがわりえこ・おおむらゆりこ)など、数々の絵本を出版し、日本文化を紹介するとともに、ベトナムの子供た

ベトナム

2019-07-30

ダナン/シーフード料理レストラン「ブルー・ホエール」、名称変更

ダナン・ミーケービーチ沿いのシーフード料理レストランとしてお馴染みの「ブルー・ホエール(BLUE WHALE)」は、オーナーの変更にともない、店名を「ブルー・ドルフィン(BLUE DOLPHIN)」に名称変更し、7月より新たなスタートを切っております。 今回は名称変更のみで、リノベーションなどは特にございませんが、パンフレットの記載などご注意下さい。 ★BLUE DOLPHIN Vo Nguyen Giap, Son Tra District, Da Nang City Tel:+84(236)3 942 777,+84 (236 )3 3942728

タイ

2019-07-30

バンコク/ナイトマーケット「チャンチュイ・クリエイティブ・スペース」のご紹介

バンコクの郊外チャオプラヤー川西岸部に2017年6月にオープンした新しいナイトマーケット「チャンチュイ・クリエイティブ・スペース」は、従来のナイトマーケットのイメージとは異なり、芸術性を重視した独創的なマーケットで、感度の高いバンコクの若者にも人気のあるスポットになっています。 このマーケットでは、お洒落な洋服や古着、雑貨などの買い物や食べ歩きだけでなく、ギャラリー、ライブハウスもあります。個性的なお土産探しにもぴったりな場所です。 2019年8月26日~10月14日までは、日本人美術家の藤浩志氏による、プラスティックのおもちゃを集合体にしたアート「ジュラシック・プラスティック」が開催されますので、この期間、バンコクへお越しの際には足をお運びになられてはいかがでしょうか。 「チャンチュイ・クリエイティブ・スペース」までは、バンコクの中心部から車で約1時間です。営業時間は、毎日16:00~23:00(一部営業時間が異なるゾーンもあり)ですが、土日にしかオープンしていないお店もあるので、週末に行かれることをおススメします。 ★Changchui Creative Space:  460/8 Siri

インドネシア

2019-07-26

バリ島/「ヒルトン・バリ・リゾート」、ノースウイングの改装工事につきまして

2019年3月中旬より行われておりますノースウイング(北側の客室棟)の改装工事ですが、 2019 年9 月末にて終了し、2019 年10 月15 日より、ノースウイングの宿泊が可能となります。 ノースウイングの改装工事終了に伴い、「ヒルトン・バリ・リゾート」の総客室数は全420 室(ノースウイング120 室、サウスウィング96 室、クリフタワー185 室、ビラ19 室)となります。 現在、ノースウイングでは内装工事を行っておりますが、サウスウイング、クリフタワー、及びビラの客室棟からは離れておりますので、工事に伴う騒音の心配はございません。 ★Hilton Bali Resort Jalan Raya Nusa Dua Selatan, Bali, Indonesia Tel: +62-361-773377 Fax: +62-361-773388 Web:https://www3.hilton.com/en/hotels/indonesia/hilton-bali-resort-DPSBAHI/index.html

ミャンマー

2019-07-26

マンダレー郊外/インワの馬車代金が値上げ

マンダレー郊外、車で約30分の場所にある、14世紀から400年に渡って栄えた古都インワは、歴史ある僧院やパゴダなど馬車で巡るのが一般的ですが、2019年8月より、馬車(2名乗り)の代金が1台につき、1万チャット(約720円)ら1万5千チャット(約1080円)に値上げされることになりました。 増収分は、より快適に観光できるよう馬車ツアーの改善に充てられます。馬車ツアーの所要時間は約2時間です。 マンダレー観光の折にインワにも足を伸ばされてみてはいかがでしょうか。

カンボジア

2019-07-17

シェムリアップ/「キリングフィールド」、9月1日より有料化

シェムリアップの「キリングフィールド」が2019年9月1日より有料化いたします。 これまでは入場無料でしたが、9月より1名につきUSD3の入場料がかかります。ただし12歳未満は無料です。 開場時間は、06:00-19:00まで。年中無休です。 アクセスは、市内中心部から車で約10分。「ワット・トゥメイ」という仏教寺院の隣にあります。 ポル・ポト政権時代の負の遺産を学ぶ、平和学習のツアーにいかがでしょうか。なお、首都プノンペンには、より大規模な「キリング・フィールド」があり、こちらも見学可能です。

ラオス

2019-07-12

祝!「ジャール平原・巨大石壺群」、世界遺産登録!

アゼルバイジャンの首都バクーで開催されていた第43回ユネスコの世界遺産委員会において7月6日、ラオス北部、ポンサワン県シェンクワンの「ジャール平原・巨大石壺群」が世界遺産登録されました! ルアンパバンとワットプーに次ぐ、ラオスでは3つ目の世界遺産となります。ぜひラオスの新・世界遺産「ジャール平原・巨大石壺群」へお越しください。 ★UNESCO:https://whc.unesco.org/en/list/1587 <ジャール平原・巨大石壺群> ラオス北部シェンクアン県最大のハイライト、ジャール平原は、巨岩を削ってできた幾つもの石壺が点在している平原です。石壺は大きなもので高さ3.25mにも及びます。この石壺の用途については、様々な説が論じられており、石壺の側から人骨や石器、ガラス玉などの日用品が発見されたことから石棺説が有力とされていますが、その真相は未だ明らかにされていません。 ジャール平原は、悠久の歴史ロマンを感じさせてくれる場所です。

ミャンマー

2019-07-08

祝!「バガン遺跡」世界遺産登録!!

アゼルバイジャンで開催された第43回世界遺産委員会にて、ミャンマー中部の「バガン遺跡」が、2019年7月6日に世界遺産に登録されました!ミャンマーの世界遺産は、2014年に登録された中部バゴー管区の「ピュー古代都市群」に次ぐ2カ所目となります。 ぜひ新世界遺産・バガン遺跡をご覧にミャンマーへお越しください。 ★UNESCO:https://whc.unesco.org/en/newproperties/ <バガン遺跡> バガン遺跡(ミャンマー)は、アンコールワット遺跡(カンボジア)やボロブドゥール遺跡(インドネシア)とともに世界三大仏教遺跡のひとつとして称されています。11世紀から13世紀にかけて都として栄え、400万という膨大な数のパゴダが建設されました。今は2000基を超えるほどしか残っていませんが、それでもかつての栄華をしのぶには十分と言えるでしょう。バガン王朝を代表する美しさをもつ“アーナンダー寺院”、壁画や仏像などが多く残る“ダマヤンジー寺院”、バガンで最も高い寺院として有名な“タビニュ寺院”などは必見です。

ベトナム

2019-07-05

ホーチミン/「インドシナ・クイーン号」、ランチ営業を開始!

ホーチミンのサイゴン川ディナークルーズ船「インドシナ・ジャンク号」の姉妹船、「インドシナ・クイーン号」は、このほどランチの営業を開始しました。 ランチは、クルーズは行わずに、停泊した状態での営業となりますが、コスパも良く、総席数も720席あるので、団体ツアーで利用するレストランとしても、おススメです。尚、ランチ、ディナーともにお食事はビュッフェ形式です。 ★INDOCHINA QUEEN 営業時間 : ランチ:11:00~14:00 ディナー:乗船 18:30~ / 出港: 19:45~ / 帰港: 21:15 定休日 :なし 総席数 :720席 (1F:180PAX, 2F: 220PAX, 3F: 320PAX) 料理: ベトナム料理、ローカルインターナショナルビュッフェ 備考 : 昼はクルーズなし。停泊した状態での食事となります。

ベトナム

2019-07-04

ハノイ /「ラ・カーサ・ホテル」にバスタブ付の客室誕生!

ハノイのスーペリアクラスの「ラ・カーサ・ホテル」(全88室)は、このほどボトムの部屋にバスタブ(約40室)を導入しました。 これまではシャワーのみの客室しかありませんでしたが、バスタブ付きの客室ができたことで、日本人のお客様にも使いやすいホテルになりました。 「ラ・カーサ・ホテル」はルーフトップバー&レストラン(インターナショナル料理)は、ハノイの景色を見渡せる雰囲気抜群のレストランで、お料理の評判も良いので、ご宿泊の際にご利用になられてみてはいかがでしょうか。 場所はホアンキエム湖の南、フレンチで有名な「メゾンヴィーレストラン」の近くです。 ★ LA CASA HOTEL:https://lacasahotel.com.vn/  17 Pham Dinh Ho Str., Hai Ba Trung Dist., Hanoi, Vietnam  Tel: (+84) 243 333 5656  Fax:(+84) 2466 530 530

スリランカ

2019-07-03

キャンディ/仏歯寺の祭典「ペラヘラ祭」、8月5日~8月14日開催

スリランカの世界遺産都市 キャンディで毎年行われるアジア最大の祭りと称される「ペラヘラ祭」は、2019年8月5日~8月14日に開催されます。 仏歯寺に納められた仏教の象徴ともいえる仏歯が象の背中に乗せられ、街を練り歩きます。電飾で彩られたきらびやかな衣装をまとった百頭もの象や数千人のダンサーが松明をかざし、太鼓を鳴らして共に行列をする光景は圧巻です。徐々に盛り上がりをみせるこの祭りは、後半がお勧めです。 特に8月14日の最終日は最高潮に達し、キャンディは熱気に包まれます。古都の息吹を感じられる「ペラヘラ祭」をぜひご覧になってみませんか? ★KANDY ESALA PERAHERA 2019:https://kandyesalaperahera.com/ ★(外務省)スリランカ危険情報:https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pchazardspecificinfo_2019T049.html#ad-image-0       (レベル1:十分注意してください。(引き下げ) )

ネパール

2019-07-02

(ネパール)カトマンズ空港、メンテナンスのお知らせ

ネパールの国際空港「カトマンズ空港」は、2019年9月1日~12月31日までの毎日23:30~翌06:30まで滑走路のメンテナンスが行われる予定です。 この間、エベレスト遊覧飛行(マウンテンフライト)やエベレスト街道トレッキングの玄関口・ルクラまでのフライトは、全て7時以降の始発となる予定ですので、ご注意下さい。

中国

2019-07-02

海南航空/関空(KIX)-西安(XIY)線、新規就航!

海南航空は、2019年7月1日より関空(KIX)-西安(XIY)線を週3便(月・金・日)で新規就航いたしました。使用機材はB737-800型(座席数164席、うちビジネスクラス8席、エコノミークラス156席)となります。 <スケジュール>2019年7月1日~10月26日 (月曜日) ・HU410:KIX/XIY 19:55/23:45 ・HU409:XIY/KIX 14:35/19:00 (金曜日) ・HU410:KIX/XIY 19:55/23:45 ・HU409:XIY/KIX 14:35/18:55 (日曜日) ・HU410:KIX/XIY 20:00/23:45 ・HU409:XIY/KIX 14:35/18:55 **大阪と西安の時差は1時間です。 **時刻は全て現地時間です。

ミャンマー

2019-06-27

ヤンゴン/セドナホテル地下のバー、リニューアルOPEN

セドナホテル地下のバー(クラブ)がリニューアル工事を終えて、再オープンしています。 ヒップホップ、R&Bなど、ワールドクラスのクラブ体験とヤンゴンの最先端のバーで、お酒を楽しむことができます。 ★Safe House Yangon :https://www.facebook.com/safehouseygn/

ミャンマー

2019-06-27

ヤンゴン/「聖メアリー大聖堂」にて入場料の徴収開始

2019年6月1日より、ヤンゴンで最も大きなカトリック教会「聖メアリー大聖堂」にて、入場料(2,000MM≒約US$2/PAX)の徴収が始まりました。見学の際、ご注意下さい。

ミャンマー

2019-06-27

ヤンゴン/「東屋ホテルミャンマー」がオープン

ベトナムのホーチミン、ハノイ、ハイフォン、ダナンに11店舗展開している人気の日系ビジネスホテル「東屋ホテル」がヤンゴンにもオープンしました。 ベトナムと同じく露天風呂つきです。屋上には、シュエダゴンパゴダが間近で見えるワインバーもあります。 ホテルからダウンタウンまで車で約10分という好立地で、ヤンゴンの中心部に位置するため、様々な場所へのアクセスも便利です。 ★東屋ホテルミャンマー No.55, Old Yay Tar Shay Road, Near Bahan 3th Street Market, Bahan Township,Yangon 11111 TEL:(+95)1 543 436  Web:http://azumayamyanmar.com/

APEX INTERNATIONAL INC. オフィシャルWebサイトは
最新のブラウザに対応しております。
ご利用のブラウザがInternetExprolerの場合は
最新版のMicrosoft Edge、もしくはChromeなどの最新ブラウザでご覧ください。