お問い合わせ

Contact

MENU

facebook

youtube

twitter

NEWS

ニュース

NEWS

観光ビザからビジネスビザへの切り替えが可能に

カンボジア

2021-03-25

観光ビザからビジネスビザへの切り替えが可能に

カンボジア

2021-03-25

20201年3月23日、カンボジア・外務国際協力省は、観光ビザを所持している外国人に対して、下記の条件を満たしている場合はビジネスビザへ切り替える事ができる事を発表しました。

■2021年3月23日より、下記の書類(ビジネスビザと同様の書類)を準備出来る場合は、観光ビザからビジネスビザへ切り替える事ができる。

<<必要書類>>
1.パスポート(有効期限が、取得期間+6ヶ月以上残存期限があるもの)
2.在職証明書(保証人の署名、会社印付きであるもの)
3.有効なパテント(事業税の支払い証明書)のコピー(会社印付きのもの)
4.証明写真(4×6)1枚 白背景・青背景どちらも可。写真データは不可とする。
5.ビザ申請用紙に記入し、本人の直筆のサインが必要。
6.FPCSの滞在期限が記載されたスクリーンショットを印刷したもの。なお、FPCSに登録する住所は、在職証明書 及び ビザ申請用紙に記入する住所と同じでなければなりません。

これまでにカンボジア政府は、コロナウイルス感染拡大によるフライト停止に伴い、帰国便を手配出来ずカンボジアに留まる外国人に対して、観光ビザ(ツーリストビザ)のビザ期限の自動延長(原則、入国後1ヶ月間のみ有効)と罰金(オーバーステイ1日10ドル)を、出国できるまで免除する事が発表されておりました。

通常は、観光ビザからビジネスビザへの切り替えは、一度出国しなければ出来ませんが、出国せずにビザタイプを切り替える事が出来るのは、特別な対応と思われます。

現時点にて、観光ビザの自動延長、罰金免除の終了については何もも提言はなく、突然観光ビザの自動延長が終了し、遡ってオーバーステイの費用が発生する可能性がありますので、観光ビザでカンボジアに滞在している方は速やかに帰国便を手配し帰国するか、ビジネスビザへ切り替えされる事を推奨します。

※2020年3月末より現在も、カンボジアの観光ビザ・アライバルビザ・Eビザの発行は停止しております。新規の観光ビザ取得は出来ませんのでご注意ください。